火葬後のお骨をどうするか

ペットの葬儀が不思議でなくなった今の時代

子供はいないけれど、その代わりに大切な愛犬、愛猫がいるという家庭が多くなっています。
飼育されているワンちゃん、猫ちゃんの数は、少子化が進んでいるとはいえ、
子供の数を上回っているのですから、ペットと暮らすことはもはや当たり前のことです。
そうなれば、人間よりもはるかに寿命の短いペットたちを送ることも、飼い主の務めです。
愛したペットが逝ってしまうのはこの上なく辛いことですが、
飼い主を失って残されるペットのつらさを思えば、送ってやれることは幸せなことと言えます。
たくさんの想い出を残してくれた愛犬、愛猫にしてやれる最期のことですから、
後悔のないようにしたいと考える飼い主が増えているのも納得です。

ペットの亡骸は火葬した方がいい理由

亡骸をそのまま土に埋めてしまうと、カラスや害獣が掘り返してしまう恐れがあります。
また、リンが発生し、引火して火事になる可能性もありますので、
できればそのまま埋葬するのではなく、火葬するのがいいでしょう。
広い庭があり、ペットが小さな子だとそのまま埋葬しようと考えてしまうかもしれませんが、
衛生面から考えても火葬してから埋葬するのが安心です。
火葬をするには、火葬場を併設しているペット霊園に亡骸を運ぶところもあれば、
移動式火葬車というものがあり、自宅に来てその場で火葬してくれる方法もあります。
霊園に隣接する火葬場の場合、どうしても行くことができずに立ち会えない時には遺体を預け、
お骨にして返してもらいますので、愛犬、愛猫に心細い思いをさせてしまうことになります。
その点、火葬車に来てもらえば、ペットたちにとって自分の居場所であった我が家で、
家族全員でなくても誰かが見守ってくれる中、旅立っていけますので安心することでしょう。

ペットの葬儀は自由でいい

移動式火葬車での火葬の場合、粉骨といってお骨を粉々に砕いてくれます。
お骨を砕くというとなんだかかわいそうな気もしますが、これによって体のすべての骨が混ざりますので、
分骨のように体の一部だけが離れてしまうことがないことが大きな特徴です。
さらに、ペットの葬儀には人のようにこうしなければならないという決まりはありません。
お骨も、ずっと手元に置いておいても構わないのです。
いつまで経っても土に還れないということが気になるのであれば、先に述べた粉骨がおススメです。
骨の量が1/3にまで減りますので、超小型犬であればごく小さな容器に入れることができます。
家族全員がそれぞれ持ち運びできる容器に入れておけば、いつでもどこにでも連れて行ってあげることが可能です。
ペットにとって一番安心できるところは我が家であり、家族のそばです。
そのため、絶対にお骨を土に返さないといけないということはありません。
それこそ肌身離さず持っておき、自分が亡くなった時に棺に入れてもらうことだって可能なのです。

粉骨をしておくと自宅供養が楽になります

火葬の際に粉骨してもらっておくと、嵩が低くなるため、自宅で供養するのにも場所を取りません。
写真を使ってメモリアル祭壇やお位牌を作ってくれるところも多数ありますので、
愛犬、愛猫のためのお仏壇を作り、お骨を安置しておくのもいいでしょう。
もしも自宅に広い庭があるなら、近年、人にも増えてきた樹木葬のように、一部を木の根元に散骨するということもできます。
家族のそれぞれが愛し、家族のすべてを愛した愛犬、愛猫にとっては、
家族が自分の遺骨をずっと持ち続けてくれることによって、深い安ど感に包まれると思われます。
土に返さなければ成仏できないということはない以上、ペットたちが望むのは大好きな
家族が暮らす家にずっと置いておいてもらうことかもしれません。
そう考えると、ペットの火葬は必要ながらも、葬儀は自由でいいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


初めてのペット葬儀で注意すること © 2018